薬剤師の求人にもさまざまな採用があります。また就職先の状況も変わりつつあります。

薬剤師として転職や就職を行う場合の情報サイト

登録販売者とは?

登録販売者の資格を取得しよう

薬局などの関係でのアルバイトや就職を考えたことがある方なら『登録販売者』という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは、薬事法改正で薬種商販売業制度が廃止され、新しく『登録販売者制度』が創設され、2009年6月より施行された資格です。

都道府県ごとに実施する『販売登録者』の資格試験に合格した上で、医薬品の販売に従事する店舗の所在地の都道府県に販売従事登録を行なった者のことを、『販売登録者』と呼ぶようになりました。

この資格取得には実務経験等の条件も満たす必要がありますが、それさえ満たせば誰でも受験できるので、比較的取得しやすい資格といえるでしょう。

販売登録者の資格によって販売できるようになる医薬品は、『一般用医薬品(OTC医薬品)』のうち、第2類医薬品(指定第2類含む)、第3類医薬品の2種類に限られます。

販売職なのですが、職業区分上は医薬品を取り扱う専門家であり医薬関係者というくくりになっています。

また、あまり必要になってくることもないかもしれませんが、動物用医薬品の販売も扱いたいのであれば、動物用医薬品登録販売者試験というものがあり、別途その資格取得が必要になります。

ドラックストアへの就職・転職に使える登録販売者の資格(20代の就職・転職ガイド)

一般用医薬品の分類について、説明しておきましょう

●第1類医薬品

唯一、登録販売者が販売することが許可されておらず、薬剤師でなければ販売することができないのが、『第1類医薬品』です。 これは必ず薬剤師が本人と対面して販売しなければならないと定められています。 これは、それだけ効果もその副作用も大きいと見なされる医薬品で、日常生活に支障をきたしかねない健康被害が生ずる怖れのある医薬品のうちその使用に関し特に注意が必要なものとされています。 第1類医薬品は副作用の心配がありますので、必ず薬剤師からそれらの説明をすることが義務付けられている医薬品です。

●第2類医薬品

登録販売者が販売することができる医薬品ですが、服用により副作用により日常生活に支障をきたす健康被害が生ずる怖れがありますが、その副作用に関する説明は努力義務とされています。

『第2類医薬品』は、第1類医薬品ほどのリスクはありませんが、充分に注意して販売・服用する必要があります。

●第3類医薬品

登録販売者が販売することができる医薬品で、最も副作用などのリスクが軽度で問題ないとされている医薬品です。

購入者から直接希望がない限り、特に商品説明の義務はなく、インターネット販売してもよいものです。 巷で販売されており、よく流通している薬には『第3類医薬品』が多いです。

薬剤師の求人について

薬剤師として

かかりつけ薬局

薬局でも病院と同じような問診を行うようになる

がん治療と薬剤師

病気の詳しい知識を持っている薬剤師はいない?

登録販売者とは?

薬局でのアルバイトや就職で耳にする登録販売者

薬剤師の基本