薬剤師の求人にもさまざまな採用があります。また就職先の状況も変わりつつあります。

薬剤師として転職や就職を行う場合の情報サイト

医薬連携への積極参加~

医療連携

あなたは、どのような薬剤師であれば、信頼して自分の健康相談をすると思いますか? 薬の専門家の観点から、医療の現場にどうかかわっていくのか。そういう課題が薬剤師のこれからの在り方として問われ始めています。

薬剤師が行なうべき『薬歴管理』や『服薬指導』などの職務をもっと医療の臨床現場で生かしていく意識が必要になってくるのではないのかといった問いかけが起こり始めています。

ところが、現状をみると『医薬分業』と言われて調剤薬局が薬の処方を引き受けるようになって久しいですが、医師と薬剤師との密接なコミュニケーションは実現していません。

薬局の立場が、処方箋を処理するだけで病院の流れ作業の一部をこなすだけの位置づけになってしまっている事例が多く見られます。

もっと有機的な医師とのコミュニケーションを実現し、ひとりひとりの患者の容態を的確に把握しながら、薬学的な見地での情報を医師に提供し、意見交換するというような連携を模索できないものでしょうか?

じつは在宅医療の現場では、全国でそうした本来あるべき姿とでもいうべき『医薬連携』を実践している地域も多く存在しています。

薬剤の関係者だけでなく、一般の方々にも薬剤師の新しい姿を理解し、浸透させていくための突破口として、在宅医療への参加は注目されている面があります。

薬剤師が積極的に在宅医療の臨床現場に参加していくことで、本人のなかでも医療に従事するスタッフとしての自覚が育ちますし、関係者の意識にも変化が生まれてくることになるでしょう。

そういったことを実現するためにも

薬剤師に求められるコミュニケーション能力は高くなっていくことでしょう。

患者との信頼関係、関係医療従事者たちとの信頼関係と連携。それを構築していくことも重要な仕事になってきます。

たとえば、医師の出した処方箋の内容に疑問や懸念点があれば、病院に連絡をとり医師に確認する必要もあるでしょう。同じ薬でも患者によって処方量が異なります。

ただ、連絡したとしても、忙しい医師から返ってくる答えはさまざまで、中には医薬連携の意識があまりなく、ぞんざいな対応をとる医師もいます。

ですが、そこでくじけていては患者の健康状態を理解することができません。

丁寧に医師とのコミュニケーションを重ねていきながら信頼関係を築いていくことが、効果的な医薬連携のカギとなってきます。

薬局がうまく機能し始めれば患者は気心の知れた薬剤師であればあるほど、診療内容に対する本音や自分の健康状態に対する不安を訴えてきます。

そうした貴重な情報を医師に的確にフィードバックできれば、医薬連携の具体的なかたちとして、薬局の存在感は大きなものになってくるでしょう。

薬剤師の求人について

薬剤師として

かかりつけ薬局

薬局でも病院と同じような問診を行うようになる

がん治療と薬剤師

病気の詳しい知識を持っている薬剤師はいない?

登録販売者とは?

薬局でのアルバイトや就職で耳にする登録販売者

薬剤師の基本