薬剤師の求人にもさまざまな採用があります。また就職先の状況も変わりつつあります。

薬剤師として転職や就職を行う場合の情報サイト

薬剤師になるには? ~国家試験について~

薬剤師は国家資格


薬剤師として職を持つにはまず国家試験を受験して合格する必要があります。

薬剤師の国家試験は、薬剤師法(昭和35年法律第146号)第12条の規定に基づいて、年1回(毎年3月)に実施されています。

受験のためには、4年次に『CBT』と『OSCE』と呼ばれる共用試験を受け、5年次の実務実習を受ける必要があります。

また、近年薬学教育には6年制が導入されましたが、これは医療の担い手の一人である「薬剤師」には、従来の基礎的な薬学知識だけでなく、医療的な薬学知識と調剤などの技術が必要になってきた社会的背景を受けてのことです。

その中で必修科目をきちんと修めた上に、実務実習の受講修了者だけに薬剤師国家試験の受験資格が与えられる順序になります。

『共用試験 』とは何でしょうか?

共用試験


共用試験とは、薬剤師の基本知識を問うもので 受験者の中から一部の優秀者を選出するような意味合いの試験ではないので難易度はそれほど高く設定されておりません。

この共用試験の合格を5年次への進級基準に盛り込んでいる大学が多く、『CBT』と『OSCE』の両方に合格しなければなりません。

もう一つの『実務実習』とは、共用試験に合格できた5年次に進級した学生を対象にするもので、3期に分かれた実習期間の中で医療機関と調剤薬局にそれぞれ2ヶ月半ずつ勤務し、コアカリキュラムと呼ばれる教育プログラムにのっとって、指導薬剤師のもとに実務を学びます。

実際の職場での仕事体験で今後の薬剤師としてのキャリアを考えはじめる者も多いようで、また実習生に対する教育効果もさることながら、受け入れ先となる医療機関や調剤薬局の職場活性にも一役買っています。

そして、すでに平成24年の4月以降、6年制の大学を卒業した薬剤師が社会にでて活躍しはじめており、これからも続々とより専門的な教育を受けた薬剤師たちの活躍が見られるようになっていくでしょう。

試験の合格率はおおよそ80%で、薬学系の学部学科を設けている大学74校(定員12000人)のうち、9割程度の学生が受験し、最終的な合格者は例年、約9000~10000人ほどになります。

薬剤師の国家試験に合格した後に申請を行なえば、厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、厚生労働大臣から薬剤師免許が与えられ、晴れて薬剤師を名乗ることができます。

このように毎年10000人前後の新人薬剤師が世に出てきているのが現状です。

⇒社会福祉士国家試験の合格率ランキング(通信制大学)

薬剤師の求人について

薬剤師として

かかりつけ薬局

薬局でも病院と同じような問診を行うようになる

がん治療と薬剤師

病気の詳しい知識を持っている薬剤師はいない?

登録販売者とは?

薬局でのアルバイトや就職で耳にする登録販売者

薬剤師の基本