薬剤師の求人にもさまざまな採用があります。また就職先の状況も変わりつつあります。

薬剤師として転職や就職を行う場合の情報サイト

サービス領域の広さ

・これからのドラッグストアの姿として

医療機関でもない、薬局でもない、コンビニエンスストアでもない、社会の中での新しい役割を持つことができるという捉え方がでてきていますが、それでは、そうなるために必要な要素とは一体なんでしょうか?

ドラッグストアがそういう存在になっていくには、他業種との差別化を明確にするための『サービス領域の広さ』と『薬に関する専門性の高さ』の2つの要素が必要だとする話も聞かれます。

『サービス領域の広さ』は、日常的に利用できるコンビニエンスなお店であり続けるとともに、処方箋を受けつけ処方する調剤薬局としての機能を広げていかなければなりませんし、取り扱いできるOTC医薬品の種類もできる限り増やしていかなければ、来店者の相談に充分な応対ができるかどうか、その選択肢や役割の幅広さを確保することができません。

また、昨今では専属の薬剤師を常駐させずに処方箋の取り扱い、1類医薬品は置くこともせずに、2類と3類の医薬品だけを置いて登録販売者を管理者として営業しているドラッグストアも増えています。

ですが、それではきちんとした健康への配慮が行なえているかどうかが難しいところですし、1類医薬品は2類や3類の医薬薬よりもかなり効果が期待できますので、それを扱うことで存在価値の面でもかなり高くなるため、薬剤師の存在は重要なポイントになってきます。

薬に関する専門性の高さ

・ただ単に薬に詳しいといったことではなく

医療として見たときの総合的な視点を持って取り組んでいくことが大事な視点になってくるだろうということです。

一般にOTC医薬品を購入しにくる来店者は気づかないでしょうが、医薬品の種類の選択は大事で、その方の今の症状にきちんと合っていないと、改善しないどころかより悪化してしまうこともあるのです。 来店者、つまり患者の病状に合わせて、きちんとしたカウンセリングを行ない、医薬品を提案する能力をさらに磨いていき、社会の信用を得ていくことも課題なのです。

来店した患者からの健康相談を適切に行ない、OTC医薬品を含めた個人の薬歴を一括管理し、薬の飲み合わせのチェックまでをきちんと行ない、丁寧な服薬指導をするといったことがドラッグストアでさらにできるようになれば、日常的な健康相談を診療所にしに行くことが減り、医療機関としての役割を担い始めるはずです。

調剤薬局のさらに身近に、ドラッグストアがあり、地域住民の健康に目を光らせていく。そういう風景がこれからのスタンダードになっていく日が来てもおかしくはないでしょう。

薬剤師の求人について

薬剤師として

かかりつけ薬局

薬局でも病院と同じような問診を行うようになる

がん治療と薬剤師

病気の詳しい知識を持っている薬剤師はいない?

登録販売者とは?

薬局でのアルバイトや就職で耳にする登録販売者

薬剤師の基本